メニュー セミナー情報

ITコーディネータとは

ITコーディネータの活用場面

◆ ユーザーの立場からの信頼できる相談相手が欲しい時
◆ ユーザーの立場に立った信頼できる相談相手がいない時
◆ システムが有効か、価格は適正か、検証できない時
◆ 自社には、どんなシステムが必要か、わからないとき

ITコーディネータの活用例

  • ITを活用してコスト削減を行いたいが、『IT投資ありき』ではなく、ユーザーの立場に立った提案が欲しい
  • パッケージの提案があるが、将来を考えこれがベストなのかを社内で判断できない
  • 見積書が出てきたが、適正な価格なのか相談する相手がいない
  • システム提案に終始し、本当にやりたいことに対する的確な提案がほとんどない
  • 経営改革につながるIT投資なのかを筋道を立てて説明してもらえない

といった、多様なニーズを持つさまざまな規模のITユーザーの不満に対して、 タイムリーかつ的確に応えることが、ITコーディネータの使命と言っても良いでしょう。

経営とITが分かる人材は、社内におられますか?

経営とITが分かる人材は、社内におられますか?

「ITの専門家を社内で育成したい」多くの経営者は、こうした希望を持っています。 しかし、こうした専門家を社内に育成するには、時間とコストがかかり、全ての企業が社内に専門家を育成し維持してゆくことは困難です。

ITコーディネータ制度は、社内で育成したい人材が資格を取得することで、社内人材育成にも活用できますが、

  • 「社内に人材育成を行う余裕がない」
  • 「まだ人材を育成できていない」

と感じている経営者は、システムの入れ替えや大規模なIT投資を行う時などに、

  • 投資リスクを軽減したり
  • 投資効果を高めるため

に、外部の専門家であるITコーディネータを活用することをお奨めします。 わが国でも、ITユーザーが柔軟な経営をできる環境を社会への提供すること。 経営とITが分かるプロフェッショナルを必要な時に必要なだけ使ってください。

※IT経営応援隊事業や中小企業支援センター、中小企業基盤整備機構など、専門家派遣制度もございます。

サイトマップはこちら
有限会社 インテリジェントパーク
福岡県北九州市小倉北区片野2丁目16-15-2F
TEL:093-932-0025
FAX:093-932-0035
Mail:info@int-park.jp
http://www.int-park.jp/
【文責 】代表取締役 荒添美穂

ページトップ
ご支援内容
経営を支える基礎知識
インテリジェントパーク