メニュー セミナー情報

経営に役立つ情報

経営は修行です

ひとは、自分が思うように動かせ 支配できるものは、自分だけであると、 心の奥底では、ハラをくくっていたほうが良いようでございます。

本当は、この主語に、 「経営者たるもの」 とつけようと思ったのですが、よくよく考えると、「ひとの人生において」とも言えるのではと思います。

今回の記事は、私自身への自戒も込めて、書いているのですが・・・

親は子供を思うようにできると思ってはいけないし、見返りを期待してもいけない。
経営者は、お客様や取引先や従業員が、 自分の思いどおりに動くということを前提にしてはいけません。

『なぜ、伝わらない!』
『なぜ、こんなことがわからないんだ!』
『なぜ、こう考えないのか!』
『なぜ、思うように動かない!』

よくお聞きする愚痴でもあり、子育てや、ビジネス、自社内で、 ついつい、自分自身が、感じてしまうことでもあります。
でも、最近流れているCMではありませんが、 何かがうまくいかないときに、他者のせいにしたら、 そこでその問題は迷宮入り(未解決終了)になってしまいます。

世間が、社会が、あいつがおかしい・・・だから、うまくいかないという論理には、 恨みは募っても打開策にはならないのです。

だからといって、『みんな、私が悪いの・・』的卑屈になってもいけませんよね。

そして、ひととのかかわりを避けても成り立ちません。

冒頭に書きましたように、 自分が支配でき、思い通りに変えることができるのは、自分だけ と思い定めて、自分が改善できることをまず変えましょう。

あとは、どれだけ、

  • 他者を理解できるか
  • 合意形成できるか
  • 伝えきることができるか

です。

が、それも自分の能力と徳の範疇であることを心にきざみ、うまく行ったことを 感謝しつつ過ごすことが、経営者 の醍醐味であると思い定めると、行き止まりはないのではと、思います。

『営業から労使トラブルまで』に書きました、 設立間もない企業さん(飲食店)で、就業規則を持たないために、 1年半ほどで退職した方から、500万ほどの請求をされた企業さんも、スピード解決することができました。

『こんなに誠意をつくして、いろいろしてあげたのに・・・』と、 一時は怒りと悲しみを口にされた経営者さんが、 気持ちを切り替えて、紛争の早期解決と今後の発生防止のために、 自分ができることを第一に考え、動かれた結果です。

と、いうことで、私も、今日への感謝と、より良い明日の自分の創造へ向かいましょう!!

サイトマップはこちら
有限会社 インテリジェントパーク
福岡県北九州市小倉北区片野2丁目16-15-2F
TEL:093-932-0025
FAX:093-932-0035
Mail:info@int-park.jp
http://www.int-park.jp/
【文責 】代表取締役 荒添美穂

ページトップ
ご支援内容
経営を支える基礎知識
インテリジェントパーク