メニュー セミナー情報

戦略的Webサイト活用事例 - 博多三徳様

「子どもに伝えたい日本の朝ごはん」― 福岡県福岡市博多区で魚の干物や辛子明太子など、質の良い海産物加工品を販売する三徳のホームページは「朝ごはん」がテーマ。 二児の母でもある同社の上田江美子氏が、献立をブログで紹介し、「美味しい魚のある食卓」をリアルに伝えています。

博多三徳 朝ごはん

三代目就任が決まっている江美子氏(現在は母の上田美津子氏が社長)の祖父が創業した三徳は、同県志賀島で獲れた新鮮な海産物を博多の町で売り歩く志賀島の行商への卸問屋としてスタート。
質の確かさと価格が評判となり店舗での小売りも行うように。

高級志向の男性からターゲットを変える

並行しホームページでの販売も行っていたが、思うような結果がでませんでした。
「父は高級志向の男性をターゲットに明太子を販売していました。最高級の羅臼産の明太子は良いものが入らない年もあり供給が不安定ですし、その他にもたくさんあるおいしい魚の情報を伝えていませんでした」(上田氏)

同じ路線でサイトを改変したこともあったが、子育てをしている同世代の母親層にもっと魚の良さを知って欲しいという思いが募り、2011年にサイトのリニューアルを決意。 上田氏は「日本のごはん」をテーマにブログをはじめ、webサイトと連動させて魚の定期購入につなげたいと考えていました。
荒添はその方向性を理解したうえで、さらに「“朝ごはん”など、もう少しテーマを絞ってはどうか」とアドバイス。

この方針をサイト上で明確にすべく、上田氏が朝ごはんのブログを更新するとWebサイトのトップページに献立の写真が掲載される仕組みも構築。

定期購入品「おさかな定期便」では、博多ひとしお(一夜干し)の鯵や真鯛、辛子明太子漬の鰯など、保存が効き、簡単に調理できる小分けの商品を時期に応じてアレンジして提供しています。

この取り組みが功を奏し、「朝ごはん」をキーワードにブログを読み込んだ女性から賛同が集まり、「おさかな定期便」も人気に。 現在の生産量のほぼ上限レベルまで受注が伸びてきました。

博多三徳

正直に伝えることで 共感を得たブログ

ブログは生活全般を紹介する「三代目えみの「暮らし」のこと」も開設し、飾らない日常も紹介。 最近はFacebookページも活用し、ファンが「お友達」に三徳の情報を広げてくれる機会も増えました。

誰に、何を伝えるかの戦略部分を議論し、新しい顧客層を開拓。

Webサイト制作では、「主ペルソナに近い当事者が作成したほうが商品への愛が伝わる」と、上田氏ができるだけ自信でサイト作りを行えるように、 基本ポリシーやコンテンツ、バナーなどは上田氏が行い、システム作りや運用、ショッピングカートの運用やSEO対策等の専門的な部分を弊社で支援しています。

博多三徳のweb活用
URL:http://asagohan.santoku-net.co.jp/

売り上げの落ち込みを見事挽回したネット活用。
「良いものをできるだけ安く提供しているので、利益はまだまだ。 でも、食生活が変わると暮らしも変わるので、若い世代が買いやすい価格で届けていきたい」(上田氏)


サイトマップはこちら
有限会社 インテリジェントパーク
福岡県北九州市小倉北区片野2丁目16-15-2F
TEL:093-932-0025
FAX:093-932-0035
Mail:info@int-park.jp
http://www.int-park.jp/
【文責 】代表取締役 荒添美穂

ページトップ
ご支援内容
経営を支える基礎知識
インテリジェントパーク