メニュー セミナー情報

WEBサイトで売上拡大

検索エンジンの理解と対応(3)

本日は、検索エンジンの理解と対応についてのシリーズ3編目を記事にしています。
検索エンジンの理解と対応(1)
検索エンジンの理解と対応(2)
もよろしければ、あわせてご覧ください。

今日の記事のポイントは、全てのページを検索される対象としましょう!!というこ とです

キーワード対策(SEO対策)というと、難しいとの思いで、業者さんに依頼されることも多いかとおもいます。

この場合は2点への対応を業者選定の基準にお加えください。

  • キーワードは、1ページあたり2~5語が良いのですが、サイトの全ページに対策は可能です
  • テキストリンクの数を増やす依頼の場合は、リンクの質のことも考える必要があります

3.全てのページでヒットさせる

そもそも、ひとつのキーワードで検索結果に表示されるページ数は、ひとつのサイトからは、2ページ程度に制限されていますから、自サイトが50ページあっても、全てが同じキーワードで対策をすると、自ら48ページを検索対象から外していることになるのです。

例えば、段ボールの会社さんですと、『段ボール』はトップページで、『ダンボール』は商品ページ1で、『梱包財』は商品ページ2で、会社名は会社案内で・・といった感じで、作ったページ、全てを活用していきましょう!

4.順位の変化観察

自サイトが、検索結果の目立つ部分に出てきていない場合、『自サイトは、今、何位なんだろう・・』と果てしなく探すのは大変です。また、各ページに設定した全てのキーワードでの推移を調べるのにも時間をとられることでしょう。

この場合は、無料の順位チェックツールがありますので、これをお使いになって、その順位に実際に表示されていることを確かめましょう。 弊社では、有料版を使っていますが、最初は、無料版で様子をみられては・・・と思います。

ただし、順位チェックツールの結果は、多少ずれることがありますので、気になった部分は必ず実際に検索してみてください。

5.分析の仕方(順位チェックで確かめること)

説明の都合上、ここでは、例として、“GRC”というツールでご説明します。
チェックする内容は、

  • キーワードの変更や追加対策をした日をメモしておいて、順位がどう連動して変化したかを確かめる
  • サイト内のどのページが、ヒットしているか(思いのとおりになっているか)
  • 検索結果に表示される、タイトルと説明文は適切か

自分が考えたとおりになっているか、毎日チェックをして、手を入れていると、それだけでも変化が見えてくると思います。

また、広告や対策が有効だったかという判断や、改善の方向を決めるためにも、結果を見て分析をしてください。

予測→実行→分析→再予測→改善の継続は、SEO対策でも心がけてくださいね。

このツールでは、HTMLに保存という機能があって、GoogleやYahooの検索結果に出てくるサイトの説明文も 表示してくれますので、大変便利です。

  • ・ 発見URLでは、どのページがヒットしたか
  • ・ 発見タイトルでは、検索結果に表示されるタイトル
  • ・ スニペットは、検索結果に表示されるサイト説明文

各項目にチェックして出力すると、どんな説明文が表示されるかを確かめることができます。

さあ、今日から、分析に、トライしましょう!!!

サイトマップはこちら
有限会社 インテリジェントパーク
福岡県北九州市小倉北区片野2丁目16-15-2F
TEL:093-932-0025
FAX:093-932-0035
Mail:info@int-park.jp
http://www.int-park.jp/
【文責 】代表取締役 荒添美穂

ページトップ
ご支援内容
経営を支える基礎知識
インテリジェントパーク