メニュー セミナー情報

マネジメントについて

暗黙知と形式知 信頼とルール

戦略のキーワードとして、常に見えかくれしているのが、「知」でしょう。

このときの「知」という言葉は、

  • アイディアを産み出す基盤
  • 知識や理解力
  • 優れた技術や経験
  • 他人の「知」を吸収する能力

といったことでございます。

さて、以前、
日本で尊ばれる「あ・うんの呼吸」 についての講話をお聞きしたとき、こころから、感服し感動したという記事を書きました。

これをお話くださった講師が、カナダの方だったことも、驚きと感動を倍増させました。

※話題外メモ

もし現在、何かの理由で『○○なんだし、この人にはできっこない!』という周りの目に 悩んでいる方がおられたら、
それは逆に、「○○なのに、なんてスゴイんでしょう!」という 大きな評価を得る可能性でもあることを糧に、頑張ってみて頂きたいなあと思います。

話を「あ・うんの呼吸」に戻しますと、 お話くださったのは、カナダ出身の長崎総合科学大学教授、ブライアン・バークガフニ氏でした。

ヨーロッパ、インド等を経て来日、10年近く、臨済宗の雲水としてお寺で修行をされたという、 東洋思想や比較文化を専門とされる方で、ユーモアも交えたすばらしい講話でした。

このバークガフニ氏がお寺で修行中のお話

ある日彼は、奥の離れから、お師匠様に「おい!」と呼ばれます。

  • ・走って行って、用事を承ろうとした彼は、叱られます
  • ・彼のあとから来た兄弟子は、脚立を持っていました

呼ばれただけで、お師匠様は、脚立が欲しいのだと理解する以心伝心を 目の当たりにして異文化カナダで育った彼も、 「あ・うんの呼吸」という言葉を理解したのでした。

古来より日本では、こういうことや間柄を尊んできました。

『これってあれだよね!』と言うと、『そうそう、あれあれ!』なんて会話や、 すっとお茶が出てくるなんてシーンもよくあります。

誰だって、家庭で、会社で、 そんなふう理解しあえる関係があればいいなあと思いますよね。

でも誰かとこんなふうに理解しあうのは、難しいことです。

相手が今しようとしていることを見、感じ、状況を予測して、求めるものを推察する そんなことが必要でしょう。

つまり、関心と予測と思いやりがポイントなんですね。

そんな文化を持っている日本人って、 言わなくてもわかる「暗黙知」が、気持ち良いのでしょう。

  • いつもの業務を、目線や空気で読み取って、分かり合って黙々とこなす!!!
  • バレーやバスケの試合では、サインを交わしていなくても、息遣いや足音だけで、
    「あ、こんなことやろうとしてるな」なんてことで、コンビばっちり♪決まったりする!!

すばらしいですね~♪

ただ、暗黙知が活きるには、条件があります。
 1.常識の業務の範囲内、練習という経験内のこと
 2.いつもの、よく知るメンバー内であること
です。

企業も創業期などには、1.2.の条件がそろっていることが多く、 暗黙知共有が最大の業務遂行の武器となります。

ただし、企業が成長し、
組織が大きくなったり、
よく知らないひとや企業とコラボしたり、
新規事業展開などで、これまでと違う商品や市場に向かうなど
この条件から外れてくると、「暗黙知」ではやっていけません。

「「形式知」 と呼ばれる「知」が必需となるのです。

標準化され、文書化され、周知され、共有された「知」です。
品質のゆらぎを無くし、誰がやっても品質を安定させるためには、大変重要なものです。

弊社でも、新人さんが2名います。

仕事への姿勢も業務手順も「形式知」としておかなければ、まわりません。 でも、これは次第に習慣化していくことでしょう。

そのあとは!習慣化された形式知を超えて、 知恵を出し合い、常に改善と変化を続ける組織でいたいと願っております。

形式知を定着させた上での「あ・うんの呼吸」創造は、 きっとコアコンピタンス(他社にまねできない核となる競争力)となるに違いありません。

サイトマップはこちら
有限会社 インテリジェントパーク
福岡県北九州市小倉北区片野2丁目16-15-2F
TEL:093-932-0025
FAX:093-932-0035
Mail:info@int-park.jp
http://www.int-park.jp/
【文責 】代表取締役 荒添美穂

ページトップ
ご支援内容
経営を支える基礎知識
インテリジェントパーク