メニュー セミナー情報

アイディア勝負

ぶちっとな・・の魔力

プチプチ・・・

あなたは、これだけで、何を想像しましたか?

今回の話題は、ワレモノを包む、あのプチプチです。

次女の引越しの際にも大変にお世話になりました。
また、仕事でも傷つけたくないものを配送するときにも、お世話になっております。

『プチプチは~?』
配送処理時に口にしたら、誰でも迷わず、アレを探してくれる、 このネーミングは逸品ですよね♪

私は、実は、このプチプチ・・通称なんだと思っておりました。

商品名は他にあるのだけれど、誰かがプチプチと呼びだして、 それが浸透したのかなあくらいに考えていたのです。

ところが、川口盛之助さんとおっしゃる方が、日経ビジネスにこの プチプチについて コメントされておられるのを見つけました。

あの病みつき商品の王者の神秘性
川上産業の「プチプチ」に見る芸術的技術」

日本の「プチプチR」という愛称、 実は業界のパイオニアで現在も圧倒的なトップシェア企業である 川上産業の登録商標です。
海外では、その形や機能を解説するという論理的な表現になっていますが、
日本での名称は、気泡状であることも、 クッション材であることにも一切言及せず、擬音語のみで俳句のようです

それも本来の包装の役目を終え、最期に指で潰されてしまう瞬間のシーンを表現しています。
さすがに情緒の国、風流としか言いようがないですね。

川上産業にはプチプチ文化研究所 というものが存在するそうです。

きっと、遊び心を理解する、楽しい、こだわりの会社なのでしょう。

『プチプチ文化ってなに??!』って思われた方も、
『そうそう、あれは文化だよ♪』とピン!ときた方も、
皆さん、きっと、プチプチを目の前に置かれると、つい、 プチプチ潰しをしてしまわれるのではないでしょうか?

あれは、手遊び誘引の最強の魅力を持つもののようです。

プチプチ文化研究所で、 被験者にプチプチの魅力を試してみたところ、
つい、プチプチやってしまう、あの衝動は、

  • 人種を超える
    日本だけでなく、国籍や人種に関係なく、皆がプチプチするらしい♪
  • 年齢を超える
    つい、目の前のプチプチをプチプチ 潰してしまう、あの行動は、経験から学ぶものではなくて、 初めてプチプチを見る幼児でもやってしまう、本能的なものらしい♪
  • 種の壁を越える
    ひとだけでなく、
    お猿さんでも、アレに出会うとプチプチしてしまうらしい♪

という現象が、認められたそうです。

そして、もっと面白いのは、この川上産業さんでは、通常の品質管理に加えて、 プチプチを潰してみるという感覚的品質管理 を実施されているということでございます。

ぷちっと潰れる、あの感触で、

  • ・どの会社の製品か、どんな製法で作られたか
  • ・同じ製品でも、どこの工場で作られたか

まで、わかる方もおられるというのが、製品へのこだわりを感じさせてくれます。

川上産業の創業者さんの開発したプチプチは、 1960年代、緩衝材としては、包装業界の常識を破るものでした。

国際特許でも取っておられたら、いまごろは、 世界でも有数の企業となっていたことでしょう。

サイトマップはこちら
有限会社 インテリジェントパーク
福岡県北九州市小倉北区片野2丁目16-15-2F
TEL:093-932-0025
FAX:093-932-0035
Mail:info@int-park.jp
http://www.int-park.jp/
【文責 】代表取締役 荒添美穂

ページトップ
ご支援内容
経営を支える基礎知識
インテリジェントパーク