メニュー セミナー情報

DX推進

【中小企業かごしま11月号】中小企業におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)の活用

(中小企業かごしま 11月号より)

知って得する「DX」~ 助けてもらう、代行してもらう

話題のDX(デジタルトランスフォーメーション)が、どう経営に役に立つのかを4回シリーズで、お伝えする3回目は、業務の支援と自動化について考えてみます。

ちょっと前までのIT化と言うと、パッケージをカスタマイズするとか、ERPとかが推奨されていて、結構な初期費用がかかり、導入後は固定資産で減価償却するというのが常識でしたが、society4.0と5.0が推進されたここ10年間で、クラウド活用が軸となり、業界や特定業務の機能に特化したアプリが多く登場し、RPAやAIなどの自動化も進んできました。

これによって、個々の業務内容に即したクラウドシステムを何種類も契約、データを連携するための転記入力やCSV連携の処理の負担が大きくなりお困りの方も増えています。この解決策として有効なのが、データの自動連携機能です。

システム

自動連携と言っても、

などがあります。

やり方としては、

クラウドやRPAも多種契約すると、かなりの出費になることにも注意しつつ、自社の状況に合わせて、どんな活用をするか選びましょう。

また、前述②の例のように、DXを業務の支援に使うこともできます。
中小規模事業者さまは、属人的能力に頼った業務が多く、人手不足や人材教育でお悩みの方も多いかと思います。
そこで、教育時間の短縮や未習熟者の業務品質向上にDXを活用した事例もいくつかご紹介したいと思います。

(1) 若い女性従業員の多い小規模建設業
大学と共同で、ものづくり補助金や市のDX推進補助金などを利用。現場でスマホをかざしたら、不備や危険個所の指摘と、専門用語の解説が出てきたり、完成時の画像と重ねて確認できたり、遠隔から現場を確認することができるアプリを開発。

システム

(2) 一本釣り漁船の水産業
マッチングサイト経由で出会ったベンチャーと共同で、IOT機器で収集した、その時の気象や海の情報などから、熟練漁師さんの判断を学習したAIが、種々の助言提案を行って、漁師さんの判断を支援。

(3) 書類作成の多い介護施設
業務フローをアプリ化し、実施事項をタップ&プルダウンや数値、音声の入力で、システムへの登録や報告書、引き継ぎ情報を自動作成することで、新人でもミスなく迷いなく業務を遂行。

皆さんのいろんな「困った」を解決へ導く手段のひとつとして、DX活用を積極的に検討してみませんか?専門家への無料相談を含む、導入時の補助策も有効活用してくださいね!

次回は、最終回となります。

(※1RPAとは、転記など人が行うルーティーン業務をPCでの処理手順を事前登録して自動処理する仕組み・アプリのこと)

(次回は2月号に掲載)

【執筆】有限会社インテリジェントパーク代表取締役
一般社団法人AI・IoT 普及推進協会九州支部支部長
荒添 美穂

国が認定する公的な支援機関
「経営革新等支援機関」に認定されました

インテリジェントパークは中小企業様の経営改善を支援いたします
サイトマップはこちら

読売新聞ニュース・広告 配信システムのご案内

読売新聞星占い配信システムのご案内

有限会社 インテリジェントパーク
福岡県北九州市小倉北区片野2丁目16-15-2F
TEL:093-932-0025
FAX:093-932-0035
Mail:info@int-park.jp
https://www.int-park.jp/
【文責】代表取締役 荒添美穂

ページトップ

「経営革新等支援機関」
に認定されました

国が認定する公的な支援機関である弊社は中小企業様の経営改善を支援いたします
ご支援内容
経営を支える基礎知識
インテリジェントパーク
おもてなし認証規格
おもてなし認証