メニュー セミナー情報

コミュニケーション技法について

【第4回】尋問にならない質問のしかた

コミュニケーションにおいては、

  • 1.相手を理解し、自分を知る(第2回)
  • 2.傾聴で、相手の言いたいこと、言葉の裏の気持ちを汲み取る(第3回)
  • 3.自分の意図を伝える(今回)

という、大きなポイントがございます。

伝えるための行為については、アクティブスピーキングと、呼ぶこともあります。

勘違いをしてはいけないのは、

  • 『自分が勝つ(優位にたつ)』
  • 『相手をへこます(傷つける)』
  • 『自分の主張に異議を唱えさせない』

などと言った、通常、“弁がたって話が上手だから、言いくるめられちゃう”的な伝達は、アクティブスピーキングとは呼びません。

まずは、アサーションという理論に基づいて、コミュニケーションのタイプを整理してみましょう。

アサーションの理論では、コミュニケーションのタイプを大きく3つに分けて考えます。

1.アグレッシブ(攻撃的)コミュニケーション

相手不在の自己主張。
相手の状況や立場を見ずに、脅しや罵倒や追い詰めなどで、接すること。

2.ノンアサーティブ(非主張的)コミュニケーション

自分の感情は押し殺して、いつも損をしている気分を持ちながら、相手の求めを受け入れること。
相手を配慮しているようで、次第に不満や恨みが募って、いつか爆発することが多い。

3.アサーティブコミュニケーション

自分も相手も大切にましょう、という考え方で、ファシリテーションやコーチングの考え方も取り入れつつ、調整を前提とした方法

もちろん、やるべきは3番目、アサーティブなんですね♪

でもでも、アサーティブが良いとわかっていても、言うは易く、行うは難し・・・ですよね。

アグレッシブ(攻撃的)やノンアサーティブ(非主張的)なコミュニケーションしかできない方も多いですし、体育会系の人間ですと、先輩か後輩かによって、アグレッシブ(攻撃的)とノンアサーティブ(非主張的)が混在する場合もあります。

一生懸命に、アサーティブを目指しつつ、周りのアグレッシブ対応によって、ストレスに負け、アサーティブコミュニケーションあきらめてしまうこともございます。

『あなたのここがいけない、こうするべきですよ』が高じて、相手に『どんなに価値がないか』をあげ連ねるなんて状況は、子育て期間中の20数年の間に、または、部下育成の任を持つ管理職の方は、結構経験されたと思います。

では、どのように対応すれば、良いのでしょう?!

まずは、

  • 頭ごなしに『いけない』と決め付けることをやめる
  • 『これは○○の結果を招きそうなんだけど、どう思う?』
  • 『あなたの本来の目的はなに?』
  • 『じゃあ、どうすればいいかな?』
  • 『こうしたら解決するんじゃない?』

そのあと、必ず、実行のための改善行動を確認することもお忘れなく!

  • それをするためには、何をしよう?
  • 行動に移すために、支援して欲しいことや必要なものは?

これも難しいことですし、私も修行中真っ只中なのですが、上から目線の印象や、論争のシーンを避けて、相手が自ら気づき、同調同意合意してくださると、本当に嬉しいものです。

2年ほど前の記事に、何でもひとのせいにして、自分だけが楽をしたいと思うひとには、なかなか通じませんと愚痴った記憶もございます。

今は、ひとつの活路に気づいたところです。

● 自分は変われる(価値が高まる)
● これから良くなりそうだ
● どうすれば良くなるかが明確で
● やれそうな気がする!!!!

そんな気持ちの共有ができたら、きっと、自分の思いは伝わるのでは?!と・・・・・・

サイトマップはこちら
有限会社 インテリジェントパーク
福岡県北九州市小倉北区片野2丁目16-15-2F
TEL:093-932-0025
FAX:093-932-0035
Mail:info@int-park.jp
http://www.int-park.jp/
【文責 】代表取締役 荒添美穂

ページトップ
ご支援内容
経営を支える基礎知識
インテリジェントパーク