メニュー セミナー情報

経営に役立つ情報

プロジェクトと基礎研究

客員教授をしている大学では、(毎週火曜に授業を持っています)
今日が私の授業はじめでございました。

最近は、3年と4年としか接点がなく、

開発プロジェクトの

  • プロジェクトマネジメント
  • システム開発
  • 生産管理

を教えていたりします。

プロジェクトマネジメントって、ヒューマンスキルも含めて、
多岐にわたる技術や経験が必要ですから、学生には、なかなかの難題です。

学生に限らず、出たとこ勝負の行き着いた先が到達点的な、 事業展開や商品開発をしておられる企業さんは、本当に多いです。

この場合、
成功基準=何でもいいからやること
になりますから、逆に失敗はないと言えるのかもしれません。

以前、先生役の俳優さんが、

・ 知っていることはすばらしいが
それよりも
・ 知らないことを知っていることが大切で
一番いけないのは、
・ 知らないことを知らないこと

という主旨のことをおっしゃっておられました。

プロジェクトという形式を取っても取らなくても、変えようとしたことが、
成功なのか、失敗なのか今後改善すべきは、どこなのか
はっきり知ることは、何よりも大切です。

はっきり知るためには、
まず、実施前に、成功基準(レベル感)を持っておく必要
がございます。

『性能を向上させる』などといった、レベル感のない基準では、
1.使えるレベルにはなっていない
2.求められる以上の使われない性能搭載の無駄
が、出てくる
ことがほとんどです。

1.は、言語道断で、無駄なことをしたという状況は許容できないでしょう。

2.は、基礎研究と呼ばれるもので、 産業のこれからを支えるこの部分を苦しさで排除すると、 今後の日本は滅びることになりますが、各商品や具体的なビジネスにおいては、 コストパフォーマンスが重要になってきますよね。

今日の授業は、グループによるシステム開発プロジェクトのキックオフでした。

制作物の内容と成功基準、開発体制を話し合い、合意し、
私のダメだしを受けて、再検討となりました。

面白いのは、成功基準を
単位獲得可能レベルとしたグループがあったこと!

現実には、そうなのでしょうけど、
この基準は低すぎるために、却下されたのは、言うまでもありません(^^;/

とりあえず、そのとき不必要でも、無駄でも全力で上を目指して欲しいです。

だって、人間の成長は、基礎研究と同じ・・・・
この無駄なレベルまでの探求をやめたとき、衰退が始まる気がするのです。

ひとがいない!&職がない! 一覧 次の記事はありません
サイトマップはこちら
有限会社 インテリジェントパーク
福岡県北九州市小倉北区片野2丁目16-15-2F
TEL:093-932-0025
FAX:093-932-0035
Mail:info@int-park.jp
http://www.int-park.jp/
【文責 】代表取締役 荒添美穂

ページトップ
ご支援内容
経営を支える基礎知識
インテリジェントパーク